FWUGLTでしゃべってきましたよ。

CSS Nite in Ginza, Vol.68「HiDPI時代のFireworks」の懇親会として企画された、Fireworks User Group LightningTalkで、「敢えて@1xでRetina対応をしてみる」というお題でしゃべってきました。

@2xで作成するのが主流の中、LightningTalkということで少しネタに走りつつ、@1xで作成する上での注意点をお伝えしました。

松田さんのCSS Niteのセッションが、私の内容とは全く逆の「今から@1xをつくるのって、ほとんど意味ないよね(超意訳)」という衝撃のセッションでしたので、変な汗をいっぱいかきながらの初LTでした。

当日のスライドと、最後の方にデモをしたファイルを公開しております。拡張機能については、リンク先よりダウンロードをお願いします。CS5未満の方はお手数ですが、拡張子をZIPに変えて中身を取り出してやってください。

ユーザーグループでLTやっておいてアレですが、結局のところツール自体は重要ではなく、解決方法をどれだけ持っているかどうか、だと考えています。その中で、まだ過去資産を使うことがあると思うので、一つの選択肢にでもなれば幸いです。

tags