Photoshopライブエフェクトが拡大縮小できるFireworksの拡張機能つくったよ。

FireworksでPhotoshopライブエフェクトを使われている方は多いと思いますが、Fireworksのフィルタと異なり、オブジェクトを拡大縮小してもPhotoshopライブエフェクトも同じように拡大縮小できないという弱点がありました。

今回はオブジェクトの拡大縮小率に合わせて、Photoshopライブエフェクトも一緒に拡大縮小できる拡張機能「PsLE Scaler」を作成したので公開します。

使い方

  1. 拡大縮小するオブジェクトを選択します。
  2. コマンドを実行します。
  3. 拡大縮小率を入力するようダイアログが表示されますので、値を入力します。
  4. 拡大縮小率に合わせて、オブジェクトとともにPhotoshopライブエフェクトが拡大縮小されます。

ちなみに値を入力する時に、最後に「/」を入力すると、Photoshopライブエフェクトのみが拡大縮小できます。その他細かいことは配布ページでご確認ください。

スクリプトについて

元々は、2012年12月に公開した「Retina画像の書き出し」という拡張機能に実装するつもりでテストしていましたが、単体の機能としても使い道があるんじゃね?ということで、ひとまず単体での公開に至りました。

中身はというと、フィルタの数値を解析(というと大げさですが…)し、拡大縮小率に合わせた値のフィルタを再度掛けることで、Photoshopライブエフェクトの拡大縮小を実現しています。正直、力技以外の何者でもないのですが……。

また、左上起点で拡大縮小しているように見えますが、今回の拡張機能にあった拡大縮小できる関数が見つからず、中央起点で拡大した後、元あった座標に戻すという原始的な方法をとっております。

まぁあれです、今回の開発で、スクリプトを使えばFireworksでは変更できないPhotoshopライブエフェクトの値(「カラーオーバーレイ」のブレンドモードなど)を変更できることがわかりましたので、誰かコマンドパネル期待しています!


本当は、FWUGLTまでに組もうかなと思ってたんですが、どうにも間に合わず…。あとは拙作拡張機能「Retina画像書き出し」に組み込めば完璧なので、少々お待ちください。 最後に、今回のスクリプトのテストにご協力いただいた、丸山さん・@sou_lab さん・小木曽さん ありがとうございます!!いつもテストできずにリリースしているので、助かりました。

tags