Sketch.appのアプリケーションウィンドウを解説するよ。 – Sketch.app Advent Calendar 2013

Sketch.app Advent Calender 2013 1日目の記事です。このAdvent CalendarではSkech.appのいろいろを解説していきますので、よろしくお願いします。(記事の一覧ページ

初回は軽めにアプリケーションウィンドウについて解説します。

Sketchの基本。というSketch(Sketch 3)の基本操作にフォーカスした電子書籍をリリースしました。詳しくはこちらの「Sketchの基本。」のページをご覧ください。

この記事はSketch 2を元にした記事です。最新版の動作とは異なる可能性が高いため、参考程度にご覧ください。

今回は「見ればわかるやん」レベルの解説ですが、順番に解説していきます。

アプリケーションウィンドウ

ツールバー

いわゆるショートカットアイコンですね。ご多分に漏れず、コンテキストメニューから表示の仕方や表示するツールのカスタマイズができます。

レイヤーリスト

アートボードやオブジェクトのリストです。CommandOption1でパネルの表示/非表示を切り替えます。ページ管理もこのパネルから行います。

レイヤーリスト

リストには、アートボードとオブジェクトの一覧と、その状態が表示されます。ドラッグによる順番の入れ替えや、コンテキストメニューからいろいろと操作ができます。

ページ

ページリスト

レイヤーリストの上にあるプルダウンメニューからページを管理します。Fireworksのように、1つのドキュメントに複数のページを持つことができます。

インスペクタ

インスペクタ(の一部)

サイズや色・線など、オブジェクトに応じたスタイルの設定ができます。選択しているオブジェクトで内容が変わります(画像はRectangleシェイプを選択中)。

CommandOption2でパネルの表示/非表示を切り替えます。(ショートカットの2を3にすると、レイヤーとインスペクタの表示/非表示を切り替えます)

リンク

リンクパネル

オブジェクトのスタイリングを管理するパネルです。ここからスタイルを適用するとスタイルがリンクされ、プロパティを変更をすると、リンクされているオブジェクトのプロパティも変更になります。

画像では2つ登録されている状態ですが、新しいドキュメントでは、リンクを設定していないので+マークのみになります。

その他

表示倍率や整列の他、状況に応じて表示されるものがあります。

フルスクリーンモードやRetinaへの対応、タイトルバーからドキュメント名の変更や保存場所に移動など、OSの機能にも対応しています。

tags