Sketch.appのテキストフォーマットについて解説するよ。 – Sketch.app Advent Calendar 2013

Sketch.app Advent Calender 2013 12日目の記事です。

Sketch.appのテキストフォーマットについて、前回のインスペクタ【文字編】の補足も兼ねてお届けします。

Sketchの基本。というSketch(Sketch 3)の基本操作にフォーカスした電子書籍をリリースしました。詳しくはこちらの「Sketchの基本。」のページをご覧ください。

この記事はSketch 2を元にした記事です。最新版の動作とは異なる可能性が高いため、参考程度にご覧ください。

テキストフォーマットについて

インスペクタ以外に[Format]メニューに、テキストに関する設定が隠されています。

Bold / Italic / Underline

ここは説明するまでもないと思いますが、それぞれ太字(CommandB)・斜体(CommandI)・下線(CommandU)です。フォントが対応していないと、メニューがアクティブにならないと思います。

Bigger / Smaller

フォントサイズを1pxずつ調整します。

「Bigger (CommandOption=)」が大きく、「Smaller (CommandOption-→USキーボードだと動作せず…?)」が小さくなります。

Uppercase / Lowercase

「Uppercase」は選択しているテキストオブジェクトをすべて大文字にします。「Lowercase」は選択しているテキストオブジェクトをすべて小文字にします。

大文字と小文字

Select Similar

選択しているテキストと同じ設定になっているテキストを、そのテキストオブジェクト内で選択できます。

似たフォーマットを選択

Kern

カーニングの設定です。

Use Default
デフォルトのカーニング設定を使用します。日本語もフォントへカーニング値が設定してあれば詰まりますが、プロポーショナルメトリクスを有効にしないと、きちんとした文字詰めはできません。

Use None
カーニングをクリアします。個別に設定していたカーニングもクリアされます。

Tighten
文字間が詰まります。ショートカットはControlOptionTです。

Loosen
文字間が広がります。ショートカットはControlOptionLです。

Ligature

リガチャー(合字)の設定です。テキストオブジェクト内で、テキストを選択しておく必要があります。また、フォントが対応していないと、設定を適用されても何も起きません。

Use Default
デフォルトのリガチャー設定を使います。

Use None
リガチャーの設定をクリアします。

Use All
リガチャーが使える部分は、すべてリガチャーされます。

Baseline

ベースラインの設定です。こちらもテキストオブジェクト内で、テキストを選択しておく必要があります。位置が決まらない場合は、何度か適用してください。

ベースライン

Use Default
デフォルトのベースラインを使用します。

Superscript
上付きのベースラインになります。

Subscript
下付きのベースラインになります。

Raise
ベースラインが若干上がります。

Lower
ベースラインが若干下がります。

Align Left / Center / Justify / Align Right

これも説明するまでもないですが、それぞれ左揃え(Command{)・中央揃え(Command|)・両端揃え・右揃え(Command})です。

tags