OSXのスクリーンキャストアプリ「Tapes」のプロモーションコードをプレゼントしました。

先日リリースされていたOSXのスクリーンキャストアプリ「Tapes」の翻訳をお手伝いしてまして、プロモーションコードを貰いましたので、欲しいという方にプレゼントしました。

Tapesについて

Tapesについて簡単に紹介しておくと、スクリーンの指定した範囲を最大5分まで録画できるアプリです。QuickTimeでも同様のことができますが、Tapesで録画した動画は、いわゆるクラウドストレージに保存され、すぐに閲覧することができます(エンコード自体に時間はかかります)。

ちなみにこんな感じで、録画を終了したらシェア用のリンクがクリップボードにコピーされます。

問答無用でアップロードされるので、手元にファイルは残りませんが、すぐに他の人と共有できるのがこのアプリの特長でしょうか。ファイル自体が必要であれば、URLへアクセスしてインスペクタから抽出することは可能です。

日本円では1,200円ですが、QuickTimeやQuickCastなどもあるので、アカウント不要で即共有できるメリットに1,200円出せるかということになりますね。

プロモーションコードプレゼントへの応募方法(プレゼントは終了しました)

コードを貰った当日にツイートやらFacebookには「差し上げますよ」という旨を書き込んだものの、あまり反応もなく、かといって持っていても仕方ないので、ちょっと企画を加えてプレゼントすることにしました。

プレゼントへの応募方法(2/15変更)ですが、

  • 先日重い腰を上げて作成したこのサイトのTwitterアカウント、@cratvtwtをフォローする
  • この記事をツイートするまたは@cratvtwtがしているこの記事のツイートをリツイートする

とします。両方すると当選確率が倍になります(ただし、何回ツイート・リツイートしても1回とカウントします)。アカウントの紹介やこの記事のツイートはできる限りしてくださると喜びます。ちなみに@cratvtwtでは、このサイトの更新やモノづくりに関わる情報のツイートをする予定です。

フォローしてくださった条件に合致した方の中から、2名様にプレゼントします(以前からフォローくださっている方も対象です)。独断と偏見で抽選(一応)しますので、プロフィールとかにスクリーンキャスト使いそうな方だなと思わせるコメントを入れておくと、よいかもしれません。(いや、保証はしませんが)

締め切りは1週間後ぐらいとします。締切りました。

というわけで、どうぞよろしくお願いします。

Tapes: Screencast Sharing ¥1,200(執筆時点)
カテゴリ: ビデオ, 仕事効率化

tags