大都会関係ない、裏Sketch 3 Advent CalendarでTipsを4つほど。大都会岡山 Advent Calendar 2014

アタック25の様相を見せる「大都会岡山Advent Calendar」24日目です。前日は@littlebustersさんの「大都会岡山で開催されるフロント寄りの勉強会を紹介しますよ。大都会岡山 Advent Calendar 2014 | creative tweet.」でした。

ラストは、@ryosmsさんです。どんなすごいエントリーになるのでしょうか、期待しましょう!

ブログのテーマに沿った大都会ネタがないので、Sketch 3 Advent Calendar 2014の空いてるところを埋める裏Sketch 3 Advent Calendarをします。

4つ空いているので、Tipsを4つほど。Sketchは3.2.2です。

アンカーポイントの種類を切り替えるショートカット

Vectorツールはアンカーポイントを置いて形を描いていくワケですが、そのポイントの処理を変更するショートカットが用意されています。

アンカーポイントが選択されている状態で、数字キーの1〜4を押すと次の通りに変更することができます。

1: Straight
2: Mirrored
3: Disconnected
4: Asymmetric

セグメントの中央にアンカーポイントを追加する

パスの編集モード中に、Commandを押しながらセグメントにマウスオーバーすると、セグメントの中央にアンカーポイントを追加できます。

プレビューと実際に追加される位置がずれることもありますが、それはご愛嬌ということで。

ドラッグの範囲に入ったレイヤーのみを選択する

選択範囲をドラッグ中にOptionを押しておくと、その選択範囲に入ったレイヤーのみを選択できます(選択できるレイヤーが赤い枠でハイライトされます)。

Rectangleの角に個々のRadiusを設定する

Radiusのテキストボックスに「20/30/40/50」と入力すると、左上から時計回りに角丸が適用できます。値が足りない場合は、最後の値が残りの角へ適用されます(e.g 20/30なら、20/30/30/30と同等に)。値がうまく反映されない場合は、一度パス編集モードにするとよいでしょう。

Radiusのテキストボックスへ、20/30/40/50と入力した例。左上から時計回りに値が適用されている。

この変更により四則演算ができなくなりました。


というわけで、大都会全く関係ない、裏Sketch 3 Advent Calendarをお届けしました。

tags