簡易の算術コマンドを使ってオブジェクトをリサイズできるResize Commandsプラグイン - Sketch Plugin Advent Calendar 2016

Sketchプラグインを適当に選んで紹介していく、Sketch Plugin Advent Calendar 2016 8日目は、簡易の算術コマンドを使ってオブジェクトをリサイズできる「Resize Commands」です。

7日目はショートカットでオブジェクトをリサイズするプラグインでしたが、8日目のこれはコマンド系です。インプットダイアログへいわゆる計算しを入力してリサイズや移動をするタイプで、グローバルなショートカットの汚染がありません。

入力ダイアログを表示するショートカットはControlShiftQで、算術コマンドは次の通りです。

キーワード キーワードの動作
t 上辺を調整します。
b 下辺を調整します。
r 右辺を調整します。
l 左辺を調整します。
a すべての辺を調整します。
w 幅を調整します。
h 高さを調整します。
x X座標を調整します。
y Y座標を調整します。
使える演算子 演算子の動作
+ 指定した辺に入力した数値を加算します。
- 指定した辺に入力した数値で減算します。
* 指定した辺に入力した数値で乗算します。
/ 指定した辺に入力した数値で除算します。
% 指定した辺を入力した数値%にします。
= X・Y座標や幅・高さを入力した数値に設定します。

ちなみに、入力ダイアログを表示すると、ドキュメントウィンドウ下部へヒントが表示されます。

上辺を20pxする場合

t+20

上辺と下辺を-20pxする場合

tb-20

さらに、コマンドをカンマ(,)で区切ることができ、複数の指定を1度で実行することも可能です。

すべての辺を+20pxした上で、X座標を0にし、さらに幅を20%にする場合

a+20, x=0, w20%

リサイズ系のプラグインもいろいろとあり、どれが早く目的を達成できるかは時と場合によりますが、大概はスマートガイドで計測した数値を基準に調整することが多いので、個人的にキーを何回押したかわからなくなるショートカットよりは、このプラグインがしっくりきています。


それでは、楽しいSketchライフを。

tags