レイヤー名を変更するRename ItとRegexp Renameプラグイン - Sketch Plugin Advent Calendar 2016

Sketchプラグインを適当に選んで紹介していく、Sketch Plugin Advent Calendar 2016 11日目は、レイヤー名を変更する「Rename Itプラグイン」と「Regexp Renameプラグイン」の2本立てです。

Rename It

Rename Itは有名なリネームプラグインですので、インストールされている方も大勢いらっしゃると思いますが、「知らなかった!」という方は、ぜひ今すぐインストールしましょう。

検索置換や文字の追加はもちろん、キーワードによる連番や幅・高さを挿入することも可能です。

ショートカットはCommandControlRで、検索置換する場合はCommandOptionControlRです。

Nameには、リネームしたい文字列を入力します。また次のキーワードを使うことで、さまざまな値を挿入できます。ちなみに、半角の「%」を文字として入れたい場合は、「バックスラッシュ(\)」を入力し\%としましょう。

オリジナル名

アスタリスク(*)」は現在のレイヤー名を挿入します。例えば、現在のレイヤー名が「Rectangle」とした場合、*-Layerと入力すると「Rectangle-Layer」となります。

連番

%Nまたは%n」は連番を挿入します。数字は「Starts Number Sequence From:」へ入力されている数値から始まります。

桁数を指定する場合は「N」の数を増やします。例えば3ケタにする場合は%NNNと入力してください。

「N」と「n」の違いは、「N」はレイヤーリストの下から、「n」はレイヤーリストの上から連番を振るという違いがあります。

幅と高さ

%w」で幅を、「**%h」で高さを挿入します。

アルファベットの追加

連番のアルファベット版です。「%Aまたは%a」と入力してください。大文字小文字は挿入されるアルファベットにそのまま反映されます。桁数も連番と同様です。

検索と置換

今更説明するまでもないですが、「Find」へ検索する文字列、「Replace with:」へ置換する文字列を入力しましょう。先にショートカットを紹介した通り、この機能は別メニューになっています。

Regexp Rename

「プラグインを適当に…」といいながら、実は拙作のプラグインで、正規表現を使ってレイヤー名を検索置換するプラグインです。

ショートカットはControlShiftXで、表示されたダイアログに検索置換条件を入力して実行します。おそらく正規表現のエンジンはJavaScript準拠です。

正規表現の説明をすると長いので、それがわかる人向けのプラグインにはなりますが、例えば、「複数あるハイフンの一つ目の前に文字を追加する」「ハイフンで区切ってある文字列を入れ替える」といったことができます。

大概はRename Itでこと足りるのですが、こうしたちょっと複雑なことをしようと思うとやはり正規表現が必要になってくるため作りました。「あ、便利かも?」と思ったら、ぜひインストールしてみてくださいね。


それでは、楽しいSketchライフを。

tags