Fireworksで混植ができるFont Mixer[Fireworks拡張機能]

これは何?

Fireworksで混植ができる拡張機能です。和文×和文はもちろん、和文×欧文やひらがな・カタカナなどの文字種を選択しての混植も可能です。

動作環境とライセンス

Fireworks CS3以上 / MITライセンス

使い方

混植のベースとなるテキストオブジェクトを作成し、それをコピーします。テキストオブジェクトの情報を使うだけなので、コピーする場所はどこでも構いません。

ただしレイヤーパレットにおいて、混植のベースとなるテキストオブジェクトがコピーしたテキストオブジェクトより下ある必要があります。

コピーしたテキストオブジェクトのフォントを、混植するフォントにします。欧文を混植する場合は、1文字目が欧文になるようテキストを編集してください。

混植するテキストの種類と、テキストサイズ・ベースラインの調整をするかどうか選択します。漢字を混植する場合は、「その他」にチェックを入れテキストボックスに混植したい漢字を入力してください。

ベースラインを「auto」で調整した場合は、計算結果を切り上げているため、0より大きいまたは小さい数字になります。

設定ができたらテキストオブジェクトを両方選択し、「Mix!」ボタンをクリックします。

指定したテキストの種類で、ベースとなるテキストオブジェクトに混植されました。

仕様

  • 幅・高さとも同じ比率での拡大縮小になります。
  • Photoshopライブエフェクトを拡大縮小し数値に小数点が出た場合、四捨五入しています。
  • この拡張機能でテキストオブジェクトの拡大縮小を行うと、オブジェクトが扁平します。「変形のリセット」をすれば扁平自体は解消されますが、位置がずれてしまいます。こちらのコマンドを使うと、左上位置はそのままに扁平を解消できます。
  • バグではありませんが、スクリプトでPhotoshopライブエフェクトが適用されているオブジェクトを走査しているため、選択しているオブジェクトが多い・グループ化のネストが深い・多数のフィルタを適用しているオブジェクトが多い場合など、Fireworks自体が落ちる可能性があります。
  • Photoshopライブエフェクト(ドロップシャドウ・ストローク)のみを適用した50個のオブジェクトに対して実行した場合、約1.5秒かかります。(iMac(27-inch, Mid 2010) Core i7 / mem 16GB / HDD)

履歴

1.0.0[2013.4.16]
初リリース