特定のJSONファイルを読み込んで、レイヤーを生成するSketch向けプラグイン

これは何?

Fw to JSONプラグインを使って

動作環境とライセンス

Sketch 42 / MITライセンス

古いバージョンはリポジトリのREADMEからダウンロードしてください。

使い方

Fw to JSONで書き出したJSONファイルが必要です。事前に準備しておいてください。

新しくドキュメントを作成し、プラグインを実行します。

Fw to JSONで書き出したJSONを選択します。

少し待つとインポートが完了します。

仕様

  • Fireworks上にある特定のブレンドモード・borderへのパターン・テクスチャの適用など、Sketch 3では再現できないものがあります。
    • 特定のブレンドモード
    • 特定のエフェクト
    • 多くのBorder関連プロパティ
    • テキストの変形
  • Fireworks側の塗りへのパターンを適用している場合、パターンファイルを適用するのではなく、パターンを適用し書き出した画像をパターンとして適用します。これはアプリケーション間で、パターン開始位置の処理が異なるためです。
  • ページとステートは、アートボードとして作成します。ページは水平方向、ステートは垂直方向へアートボードを展開します。
  • テキストエンジンの違いから、テキストレイヤーの位置がずれます。

既知のバグ

  • 今のところ確認できていません(Sketch 3.8未満の不具合は除く)。

履歴

3.0.0[
Sketch 42に対応
2.0.1[
ビットマップが読み込まれなかった不具合を修正
2.0.0[
Sketch 39に対応
1.0.0[
初リリース